人が最も効率よく学習できる三条件-ミネルバ大学から-

サンフランシスコに拠点を置き、「21世紀最初のエリート大学」として設立されたミネルバ大学(Minerva Schools at KGI)は、
・校舎がない
・教師は講義もテストもしない
・授業は全てオンライン
という特徴を持つ大学です。
この大学には世界中から2万人以上の受験者が集まり、合格率はわずか1.9%という狭き狭き門です。

ミネルバ大学の歴史や取り組みを紹介している『世界のエリートが今一番入りたい大学ミネルバ』(ダイヤモンド社)を読む中で、
『人が最も効率よく学習できる三条件』を記した箇所がありましたので、引用をします。


ミネルバ大学のカリキュラム
や教授法を設計したコスリン教授は、心理学、脳科学、認知科学の分野における長年の研究から、
人が最も効率よく学習できるのは以下の3つの条件が揃った時だと主張する。
①脳を通常より負荷をかけた状態で稼働させる
②繰り返し練習が行える環境で学ぶ
③能動的に授業に参加できる状態


私たちのオンライン講座は、ワーキングメモリに働きかけるオリジナルのトレーニングを通して、まさに上記の三条件を満たす設計をしています。
こうした授業を行う教育機関が増え、子どもたちがアクティブに学ぶ環境が整っていくことを願っています。


前の記事

教科書に出てくる「語数」

次の記事

語彙力の捉え方