四技能の中の「読む」

国語学習において「聞く」「話す」「読む」「書く」の四技能の視点から考えることが大切であるという趣旨のお話を先日のセミナーでさせていただきました。「読む」の指標として、当社の学習システム『読む蔵』では、「速度」『語彙問題の正答率」「語彙問題を満点取るまで何回繰り返したか」「読解問題の正答率」「読解問題を満点取るまで何回繰り返したか」の指標がデータとして抽出できます。

下の4つの事象に整理するとわかりやすいでしょう。「なんとなく」ではなく、「数字」で読解を分析することができます。

次の記事

声に出して速く読む