ワーキングメモリはボトルネック

脳には140億個の神経細胞(ニューロン)があり、無限の情報を蓄えることができます。

その情報の入り口であるボトルネックは個人により大きさが異なります。
ワーキングメモリは知識を学習し、脳の長期記憶へ蓄える「入り口」です。

個々に入り口の大きさが異なりますので、学習時には指導者が子どもの「入り口の大きさ」に配慮し、
工夫をして指導に当たることが大切です。
入り口の小さい子どもに対して一気に情報を入れてしまうと、情報がオーバーフローするなど
課題遂行上の困難を起こしてしまいます。

前の記事

加賀RoboRAVE国際大会出場!