リスニングスパンテスト

次の文を読み、それが”正しい”か”まちがっている”か、答えてください。

1.バナナは水中に生えている:正しい/まちがっている
2.花はよい匂いがする:正しい/まちがっている
3.犬は4本足である:正しい/まちがっている

次に、上記の文を見ないで、各文の最初の単語を順番通り、正確に思い出すことはできますか?
全て正解ですと、あなたのワーキングメモリは、10歳児の平均を超えています。

これは、オートメーティッド・ワーキングメモリ・アセスメント(Automated Working memory Assessment: AWMA)のリスニングスパンテストの一例です。このテストは、言語性ワーキングメモリを評価するためのものです。言語性ワーキングメモリとは、聴覚的な記憶のことです。

(『ワーキングメモリと発達障害』T.P.アロウェイ著)

言語性ワーキングメモリによる記憶が得意な子どもには、音からのアプローチが効果的ですので、
日々の学習においても意識されると良いでしょう。

前の記事

動画を見て、考えてみましょう

次の記事

「線を引く」から見えること