脳機能の一つである「ワーキングメモリ」は、子どもの学習の前提となる「参加する力」、 「集中力」そして「学習(学力)」において非常に重要な役割を果たしています。当社技術 顧問である澤口俊之先生監修の「脳力道場」等を使い、自社サービスのみならず、他社との 協業により、エビデンスに基づく、様々な教育サービスの開発やセミナーの開催を行ってい ます。また、子どもに限らず「認知症予防の観点」からもワーキングメモリは注目を集めて おり、幅広い世代の方々に長きにわたり当社のサービスをご利用いただいています。

脳力道場とは

<概要>幼稚園、小学校での産学協同研究から生まれた育脳トレーニング教材です。
脳科学の研究結果に基づき、前頭連合野の能力、特にワーキングメモリの能力を高めるために開発されたトレーニング教材です。単に脳を活性化することが目的ではなく、どんな能力を伸ばすべきかを考え、その能力を確実に高めることを目的にしています。

<対象>
・特に、脳発達の臨界期を迎える前の子ども(5歳くらい~10歳前後)
・ワーキングメモリ能力を鍛えたい人
・認知機能の低下を防ぎたい大人

<トレーニングの特徴>
手軽に:毎日10分程度の簡単なトレーニング
     ⇒学力や勉強の好き嫌いに関係なく、数字や文字、絵などを用いたトレーニングです
確実に:脳科学に基づいたトレーニングで能力アップ
     ⇒ワーキングメモリの能力が伸びる
      判断、推論、思考など、高次認知活動の基礎能力が高まります
     ⇒ gF(IQg)が伸びる
      将来的な社会的成功に期待ができます
     ⇒自己制御能力が伸びる
      集中力が高まり、キレにくい子どもに
楽しく:ゲームで競う
     ⇒トレーニング結果に応じて進む「世界一周旅行のゲーム」で競うことができます

<トレーニングの内容>
・各トレーニングのイメージはコチラ

ワーキングメモリとは

ワーキングメモリ」とは作業記憶や作動記憶と訳される脳の機能の一つです。必要な情報を選択して、一時的に保持(短期記憶)し、自らの経験や知識と組み合わせて次の行動を決定し、実行する能力であり、「思考」などの高度な認知活動のベースとなっています。文章の読解にもワーキングメモリが必須です。詳しくは→脳力道場で鍛えるワーキングメモリとは(PDFファイル)

ワーキングメモリトレーニング

 ① 冊子教材による家庭学習トレーニング〈詳しくはこちら〉
 ② 「脳力道場」(Web トレーニング)〈詳しくはこちら〉
 ③ 「脳力道場×読解力」のオンラインレッスン

トレーニングによる効果

北海道大学(当時)の澤口研究室と当社との産学共同研究により、2008年の福岡県内の公立小学校で実施した研究において、 ワーキングメモリの能力と学力には正の相関があることが確認されています。注目すべきポイントは、ワーキングメモリの能力が高い児童は学力が高いという点です。ワーキングメモリの課題における得点の低さは、学習上の困難のリスク要因である、と言われています。

主要なサービス

対象:年長児〜小学生

マンツーマンで講師と一緒に「脳力道場」に取り組み、集中力を高めるオンラインレッスン


対象:小学生

ワーキングメモリに働きかけるトレーニングにより読解力を高めるオンラインレッスン。 聞き取り、音読・読み取り、ことばの学習を各回30分で、マンツーマンで指導します。


対象:小学生

学研エデュケーショナルが運営する「ことばパーク」は、ワーキングメモリに働きかけるトレーニングにより読解力を高めるオンラインレッスン。聞き取り、音読・読み取り、ことばの学習を各回25分で指導します。


対象:幼稚園児〜大人

「脳力道場」を年間一定額でご利用いただけます。子どもたちはもちろんのこと、「脳のトレーニングジム」として多数の大人の方々にご利用いただいています。 

当社オリジナルのワーキングメモリトレーニング教材『脳力道場』は、2005 年に CD 版で の発売以来、現在は Web 版としてリニューアルをしています。個人のトレーニングとして、 また法人のサービス強化の一環としてご採択いただくなど、幅広い世代の方々にご利用い ただいています。

脳力道場 Lab.

当社内の研究組織「脳力道場 Lab.」では、 澤口俊之先生の HQ 理論や脳力道場に取り組む子どものデータ等を公開しています。

「脳力道場」開発ストーリー

法人の方

「脳力道場」をご利用になりたい法人様及びワーキングメモリのトレーニングを使った自社サービスの開発を検討されている法人様はお問い合わせください。

幼児、児童の福祉と教育の向上に貢献することを目的とし、以下の活動を行っています。
・ワーキングメモリの観点から幼児、児童の学びの特性を見つけて伸ばすための支援、アドバイス
・ワーキングメモリと学びに関するセミナー、勉強会、講演会、書籍の出版等
・(簡易版)HUCRoWのアセスメント
→詳細はこちら