「読む蔵」って何ですか?
入試問題頻出の文章を読み込み、読解力・語彙力を身につける、Web学習システムです。

文部科学省はホームページ上で『読書活動の在り方』の必要性を謳い、学校・地方公共団体・家庭との連携による読書活動の推進を呼びかけています。
読書は『「教養・価値観・感性等」を生涯を通じて身に付けていくために極めて重要なもの』と定義され、またグローバルな情報化社会の進展という社会的背景も相まって多くの情報から正確に読み取る力がこれまで以上に求められており、こうした社会的背景も踏まえて、子ども達の国語力を問う入試問題においては多彩な文章が出題されています。
“読む蔵” は、教養としての読書活動のきっかけとして、同時に国語の学力に直結する学習システムとして開発に多くの時間を費やしてきました。長年にわたる開発,そして教育の現場で培ってきた“速く”、“正確に”読み取り、“成績アップに繫がる”ノウハウがこの“読む蔵”に凝縮されています。
読解の基礎はこの“読む蔵”で身に付けていただき、各設問に対する解法のスキル等は学校や塾の先生から、または参考書などから学んでいただくことが効果的だと考えます。「入試によく出る文章を題材に、より深く読み込むこのトレーニングに
繰り返し取り組んでいただくことで、お子様の読解力が向上する」と、私たちは自信を持ってご提供させていただきます。

「読む蔵」の特色

トレーニングを継続することで…

 

「読む蔵」トレーニング画面のご紹介

「読解スピードを上げながら文章を正確に読み取る」このシステムに慣れるには、少し時間がかかることが想定されますが、継続して取り組んでいただくことで、語彙力、読解力が強化されます。

POINT.1 読解の取り組みを可視化

  • 読書速度
  • 語彙正答率・読解の正答率
  • 満点をとるまでの本文と問いとの行き来の回数など、ひとりひとりの読み方の特徴を可視化したフィードバックができます。

 

POINT.2 読む蔵準拠問題集「ごいトレ」の活用

  • 語彙力をつけることに特化した問題集です。
  • WEBトレーニングと併せてご活用いただくことで読解力向上の基礎力が身につきます。

 

 

POINT.3 年長児~小3生対象の「読む蔵Jr.」で脳の処理能力を高める

  • ワーキングメモリ(WM)を鍛え処理能力を高め、らに速読トレーニングにより処理速度を高めます。
  • このトレーニングにより右図のように学力との相関が明らかになっています。
  • WMトレーニングは読解における基礎づくりであり、幼児~小学生はもちろんのこと、幅広い年齢層の方々にご利用いただけます。

語彙力を高める問題集【ごいトレ】 Amazonにて販売中!

クリックでアマゾンへリンクします。
ぜひご覧ください。

ごいトレ 1-1

入試によく出る作品別・語彙力を高めるトレーニング(対象学年小4)

ごいトレ 4-1

入試によく出る作品別・語彙力を高めるトレーニング(対象学年中1)

ごいトレ 7-1

入試によく出る作品別・語彙力を高めるトレーニング(対象学年高1)

 

ごいトレ 2-1

入試によく出る作品別・語彙力を高めるトレーニング(対象学年小5)

ごいトレ 5-1

入試によく出る作品別・語彙力を高めるトレーニング(対象学年中2)

ごいトレ 8-1

入試によく出る作品別・語彙力を高めるトレーニング(対象学年高2)

ごいトレ 3-1

入試によく出る作品別・語彙力を高めるトレーニング(対象学年小6)

ごいトレ 6-1

入試によく出る作品別・語彙力を高めるトレーニング(対象学年中3)

ごいトレ 9-1

入試によく出る作品別・語彙力を高めるトレーニング(対象学年高3)

読解力育成(家庭)学習プログラム『読む蔵』お問い合わせ先

読解力育成(家庭)学習プログラム『読む蔵』ご相談窓口
TEL:092-753-7215
受講のご相談・ご質問等お気軽にお問い合わせください。

個人のお客様へ

当講座をご希望の方は、お近くの教室様へお問い合わせください。
当社より直接の受講お申し込みは現在のところ受け付けておりませんので予めご了承ください。

お気軽にお問い合わせください。092-753-7215火曜日から土曜日 11時〜19時

各種お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。