仮説から検証までのステップを実体験を通して学ぶことで、自然科学を学ぶアプローチを身につけます。
学校の教科としては小学3年生からはじまる“理科”。ペーパーでの学習はもちろん大切ですが、自然科学を学ぶうえでもっとも大切なのは”体験”から学ぶことだと考えます。
サイエンスFiVEでは理科の教科書に掲載されいてる内容+αを先取りし、ひとりひとりが実験器具などを扱いながら深く学びます。
正しい順序で身につけた知識は【自ら学び未来を創造するための原動力】となり、時代が求める“能動的に学ぶ力”を自然に身につけていくことになります。