国内外の120教場(2018. 11月現在)で導入されている学研グループ㈱全教研主催の『プログラミング道場』とジュニア・プログラミング検定(scratch 部門) を主催する㈱サーティファイとのコラボレーションにより、プログラミング道場にscratchを用いた『GAMES コース』が2019年4月より誕生します。( 従来のカリキュラムを『ROBOTICS コース』 と名称変更)
現在『プログラミング道場』では、車型ロボットの走行を通してステップアップ方式でプログラミングスキルを身につけるカリキュラムを日本国内のみならず東南アジアにおいても提供しています。この春新設する『GAMES コース』は、従来のカリキュラムの発展版として、子どもたちが新たに子ども向けプログラミングツール「Scratch」を用いてシューティングゲームやおいかけっこゲーム等を作りながら、より高い論理的思考と問題解決力を向上させることを目的としています。
㈱サーティファイは26種の資格検定試験を36年に渡り主催しています。その中で2016年からスタートした「ジュニア・プログラミング検定」はすでに2,000名近い子どもたちがチャレンジしており、FOM出版より『ジュニア・プログラミング検定公式テキスト』もリリースされています。
今回のコラボレーションにより、『プログラミング道場』の受講生などが『ジュニア・プログラミング検定(scratch 部門)』の受検へとスムーズに進めることができるようになり、子どもたちにとっては目標を持った日々のプログラミング学習がより一層加速することになります。

『プログラミング道場(ROBOTICS コース)』は引き続き東南アジアの子どもたちと日本の子どもたちをつなぎ、ロボットを通した国際交流を目指した活動を推進してまいります。
『プログラミング道場』のご導入をご検討の方は下記までお気軽にお問い合わせください。
『プログラミング道場GAMES』のみのご導入も歓迎します。

 

お問合せ 総合窓口

㈱全教研グローバル室 室長:秦 有樹(しん ゆうき)
Mail:shin@sokuno.co.jp
TEL:090-8408-2870