【読む蔵】読む蔵通信3月号

読む蔵通信3月号は、
「ひな祭り!菱餅の色や順番の意味って?」です。

3月3日は、ひな祭りです。ひな祭りで、ひな人形と一緒にお供えされる菱餅(ひしもち)ですが、なぜ菱餅の色は3色(ピンク)と決まっていて、ひし形なのか、みなさんはご存知ですか?

菱餅そのものは、江戸時代の初期にはあり、縁起が良い食べ物を用いるような場面や、おめでたい行事では進んで食べられていました。ただし、当初の菱餅は紅白の2色だったと言われています。菱餅の色がひな祭りのシンボルカラー3色へと増えていったのは江戸時代後期のこと。明治時代に入った頃には、現在のようなピンク、白、緑の菱餅が桃の節句で食べられることが基本になってきました。それぞれの色の意味は次の通りです。

ピンク=桃の花を表す色。厄祓いや魔除けの意味。

=雪を表す色。子孫繁栄や長寿の意味。

=新芽を表す色。厄除けや健康の意味。

また、菱餅の色の順番にも意味があり、上からピンクの順番で配色されるものが通常で「雪の下に新芽が芽吹き、雪が溶け出したその上に桃の花が咲いている」という春の情景をイメージしているようです。日本人らしい繊細で美しい感性が菱餅の色の順番にもあらわれていて、何とも風情がありますね♪ぜひ今年は、菱餅の色の意味や順番を思い出しながら、ご家族やお友達とひな祭りを楽しまれてください!