算数の「つまずき」チェック問題

一般社団法人ワーキングメモリ教育推進協会が「算数のつまずきチェック問題」を無料で公開しています。

パターン学習で培った算数の力は、小学4年生あたりで「カベ」にあたる場合がよく見られます。
それは「算数の基礎」が養われていないことが原因だと考えられます。

小学4年生あたりでつまずきが急に発生するのではなく、
幼稚園児から小学校低学年期に正しく「算数の基礎」が身についていないことが
多くの子どもたち、そして保護者様を悩ませています。

脆く築かれた「基礎」の上に、たくさんの問題を解くことで「慣れさせる」ことは
根本的なアプローチとは言えないと私たちは考えます。

こうした「つまずき」は、読解力と合わせて「算数の文章題」でも起こります。

一般社団法人ワーキングメモリ教育推進協会では、算数の「つまずき」に対して、
早期にアプローチできるよう教材『算数の基礎を養うトレーニングブック』を作成しており、
ご自宅で身に付けることができるようにしています。

このチェック問題は、個人情報の登録など「なし」でお試しいただけますので、
ご利用されることをお薦めします。
推奨年齢及び学年は、5歳~小学校低学年です。

算数のつまづきチェック問題へのリンク


関連記事