脳を活性化させるだけのトレーニングは意味がない

『脳トレ』『脳の活性化』を謳う教材がたくさん出ています。
しかし、脳の活性化と脳力育成の間にはほとんど関係がありません。

確かに、認知症の方や高齢者の方においては、脳内の血流量や代謝量が極端に減っているので、
脳血流量(代謝量)を増やして脳力を改善する効果を考えれば脳の活性化だけでも意味があります。

しかしながら、子どもから大人のための脳力開発教材として重要なことは「どんな脳力を伸ばせばよいか」なのです。

人間はいろいろな知能(言語的知能、空間的知能、数学的知能、音楽的知能など)を持っていますが、
それら多くの知能を束ねる役割を持つ知能HQこそが、人間として本来伸ばすべき脳力なのです。

私たちは、ワーキングメモリ能力を高めることこそが学習の第一歩であるという認識を持ち、
子どもたちの学習環境を整えております。

(当社『脳力道場』より抜粋し一部加筆)